HOME >> 古紙の有効活用 >> それぞれのリサイクル方法

それぞれのリサイクル方法

img007

古紙回収を行う業者であっても、古紙とダンボールの引き取りの価格は異なってきますので、注意が必要です。

古紙とダンボールは、同じ「紙」じゃないか、と思うかもしれませんが、本来リサイクルをする際には、なるべく作ろうと考えているのと同じ紙を使うのが望ましいので、たとえばリサイクルした紙で新聞紙を作りたいと考えている場合には新聞紙から、ダンボールを作りたいと考えている場合にはダンボールから紙をリサイクルするのが一番良いのです。

そのため、一口に「古紙」と言ってもさまざまな種類の紙が存在しますので「紙」はひとまとめにせず、なるべく細かく分別してあると、リサイクルする業者が助かります。

それぞれの紙には、その紙ごとに異なった性質がありますので、それに合わせたリサイクル方法というのが大切になります。

リサイクルについてはよく、混ぜればごみ、分ければ資源、という言葉を見かけますが、これは実際にその通りで、小さな紙であっても、きちんと分別して集めることができれば、また新しい紙として利用することができるようになるのです。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。