HOME >> 古紙の有効活用 >> 企業としての取り組み

企業としての取り組み

img015

リサイクルは、社会全体の取り組みとして、さまざまな分野のさまざまな人たちが連携を取り、協力していく体制を作っていくことができなければうまくいきません。

ダンボールのリサイクル機構が上手に働いているのは、工場や小売店などの業者や古紙回収業者など、さまざまな専門分野の人たちがみんなで協力して行っているからです。

もちろん、素材そのもののリサイクルのしやすさという部分も大きくありますが、他の素材に関しても、相互に協力していくシステム作りを考えていくことによって、今まで以上にリサイクルを行っていくことは可能です。

どの会社も、自社製品の回収などは行っているところが多くなりましたが、まだ他社製品の回収や同一商品の回収など、実際には行っていないけれど業界全体の取り組みへと変えていけば実現可能なことはあります。

エコロジーへの関心の高い現代において、このようなリサイクルのシステム作りは企業や会社で連携を取って行うことが必要です。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。