HOME >> 古紙の有効活用 >> リサイクル機構

リサイクル機構

img009

ダンボールのリサイクル率は実に高く、90%以上の回収率を誇り、実際にダンボールを作る際の元となる古紙としてのダンボールはほぼ100%に近い数字となっています。

そのような高いリサイクル率を誇ることができるのは、何よりダンボールのリサイクル機構が実に上手に働いているからで、また多くの人がそれに協力しているからです。

このダンボールのリサイクル機構は、古紙回収業者などの協力もあり、工場や量販店、小売店などの企業や会社から直接回収を行っているため、回収率がとても良いのです。

また、個人の自宅から出るダンボールですが、これは一般の新聞や雑誌とともに資源ごみとして回収されることがほとんどですが、小さな紙とは異なり、ダンボールに関してはやはり燃えるごみではなく資源ごみという意識を多くの人が持っているため、一般的な古紙に比べると、燃えるごみに混ぜられてしまうということも低くなるため、やはり高い回収率を誇っています。

また、個人の自宅で大量のダンボールが必要となるのは引越しなどを行った時だと思いますが、これは引越し業者が自社のダンボールを利用し、回収するため、やはり回収率は高いと言えます。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。