HOME >> 古紙の有効活用 >> リサイクルで生まれ変わる

リサイクルで生まれ変わる

img010

混ぜればごみ、捨てれば資源、という言葉がありますが、それは本当に言葉通りで、分別せずに混ぜてしまえば、可燃ごみとして燃やされてしまうのが紙類ですが、きちんと分別して資源ごみとして出せば、また再生紙として生まれ変わり、多くのシーンで活躍させることができます。

せっかく資源として生まれ変わらせることができるのに、ごみにしてしまってはもったいないですし、大切な資源のムダ使いということになってしまいます。

リサイクルですべてのものを資源として生まれ変わらせることができるわけではないですが、資源として生まれ変わらせることができるものまで処分してしまわないように注意することが必要で、これは個人ひとりひとりの協力が必要となります。

ダンボールは回収率が高いおかげで、新しいダンボールを作る時にもほとんどリサイクルで回すことができているので、何度も何度もリサイクルされることによって、同じ資源が何度も段ボールに生まれ変わることができているのです。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。