HOME >> 古紙の有効活用 >> 遊び心のあるリメイクも

遊び心のあるリメイクも

img018

リサイクルというと、一度素材に戻してもう一度加工する、というイメージが強くありますが、それ以外にもリサイクルする方法はたくさんあります。

紙のリサイクルで素材に戻さないものと言えば、たとえば古本屋などは読まなくなった本を買い取りして、また販売し、その本を読みたい人の元へ行くのですから、これもリサイクルのひとつであると言えます。

また、洋服などの場合にも、同じように古着屋と呼ばれるお店などで、いったん不要になった服を買い取り、またそれを欲しいという人に販売するわけですが、そこにもうひと手間加えて、リメイクをするという方法もあります。

リメイクをして着なくなった服などをまた着るデザインへ変更することも、リサイクルやエコロジーの観点からすると大切なことです。

「エコ」のつく言葉にはエコロジーともうひとつ、エコノミーという経済思考の考え方がありますが、どちらの観点から考えてもリサイクルもリメイクもとても大切で欠かせない要素であると言えるでしょう。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。