HOME >> 古紙の有効活用 >> 古紙とダンボールの回収の違い

古紙とダンボールの回収の違い

img006

古紙やダンボールを回収してもらうのは、古紙やダンボールをリサイクルするのが同じ会社であれば同時に行ってもらうことも可能ですが、それぞれの引き取り価格というのは異なってきますので、注意が必要です。

たくさんの古紙やダンボールの回収をお願いしたいという場合には、専門の業者にお願いするのが一番良いと思いますが、輸送するのにもコストがかかりますので、リサイクルがどんなに良いことだと言っても、必ずしも無料で行ってくれるわけではありません。

もし、古紙やダンボールの回収は基本的に無料だろうと考えているのであれば、その考えは改めなくてはなりませんが、個人が少量回収してほしいと思う場合には、業者ではなく資源ごみの日に出すなど、行政のサービスを利用することをオススメします。

古紙回収問屋は、今でもどこの地域でもだいたいあるものなので、どうしても専門の業者にお願いしなくてはならない、という事情があるような場合には利用すると良いでしょう。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。