HOME >> 紙とダンボールについて >> ダンボールのリサイクルの流れ3

ダンボールのリサイクルの流れ3

ダンボール工場に持ち込まれたダンボール原紙はまずダンボールシートに加工されます。

コルゲータという機械で作られるダンボールシートは裁断前のダンボールの大きなシートですが、コルゲータではライナーと中芯を貼り合わせるまでの行程が行われます。

このダンボールシートをさらに断裁してカットし、必要な印刷をほどこしてのり付け加工をし、型抜きしたものがダンボールとして再度蘇ります。

ダンボールのリサイクルはこれだけではなく、先ほどのダンボール製造過程で出た切れ端なども回収し、再び製紙工場へダンボール工場から送り込み、また段ボール原紙として再加工したり、輸入、輸出で利用されたダンボールも回収し、やはりリサイクルフローに組み込むことも行っています。

ダンボールの原料にはダンボール古紙だけではなく、ボール紙や新聞紙、雑誌などの様々な古紙も利用されています。

物流その他、多くの場面で生活に役立ってくれているダンボールが、エネルギーや資源をムダにせず、できる限りのエコロジーに取り組んでいる製品だと知ると、なんとも嬉しい気持ちになりますね。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。