HOME >> 紙とダンボールについて >> 紙のリサイクルの流れ

紙のリサイクルの流れ

ダンボールはもちろん、ダンボールの原料となる紙についても、リサイクル運動は積極的に行われています。

ダンボールではなく、紙としてカテゴライズするとその元となるものは 数知れず多くあるものです。

雑誌、新聞紙、本、書類、パンフレット、パッケージ類など、およそほとんどの紙製品がリサイクルに出すことができます。

これらの一度利用された紙はリサイクルに出すことで古紙となります。

古紙は単に「利用済みの紙」ではなく「新しい紙を作るための原料」となります。

古紙は家庭から出すのであれば、ダンボールと同じく、子供会や町内会で実施している廃品回収を利用したり、ちり紙交換へ出したり、新聞であれば新聞の販売店などに出すなどして集められたものが古紙問屋に回され、ふるさとの製紙メーカーに戻されて、再び新しい紙として蘇ります。

商店やオフィス、など、企業や工場から大量に出る紙ゴミは、そのまま直に古紙問屋に持ち込まれることが多いようです。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。