HOME >> 紙とダンボールについて >> 家庭でできる取り組み

家庭でできる取り組み

一つ一つの家庭から出る量はさほどではなく、一見オフィスや工場から出る紙ゴミとは比べものにならないように思えるものの、家庭から出る紙ゴミというのも決して軽く見ることはできません。

なんと言っても世帯数の数だけ紙ゴミが増えるわけですから、私たち一人一人が意識して紙ゴミを分類し、丁寧に回収に出すか出さないかで、全体の紙のリサイクルの効率もかなりの違いがあるはずです。

気をつけたいのは、新聞紙ならば新聞紙、雑誌は雑誌、と、印刷物の種類を合わせて梱包する、ということです。

つまりは分別ですね。

これらを束ねる際にはガムテープ、ビニール、金属片など、紙とは異なるものをできるだけ取り除いておく必要があります。

特にテープ類などの粘着類は、古紙を再生する際に工場でも取り除くことが難しいとされています。

また運搬中に荷崩れしないよう、しっかりとひもで束ねるようにします。

これだけで、回収された古紙をリサイクルするための環境への負担をかなり軽減することができるのです。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。