HOME >> 紙とダンボールについて >> 紙のリサイクルと分別

紙のリサイクルと分別

リサイクルのために、廃品回収の時にできるだけきちんと分類しようと思っても、「あれ、これとこれは分けた方がよいのかな...」と悩んでしまう場合があります。

他の一般ゴミの場合、プラスティック製か紙製か、専用のマークなどですぐにわかるようになっていますが、紙ゴミにはそのような目印はないのが普通ですし、種類も多くあります。

せっかく環境に貢献しようと思っても、やり方がよくわからないとせっかくの気持ちもムダになってしまいますね。

ここでは間違えやすそうな分類の方法について見てみようと思います。

まず、よく悩むのが、新聞紙と新聞の中に入っている折り込み広告です。

分けた方がよいのか一緒にしたほうがよいのか、と言うことですが、正解は新聞紙と一緒の束にまとめる、ということになっています。

特に新聞と分ける必要はないそうです。

新聞紙と一緒にしないほうがよいが、よく同梱されているものとしては、ティッシュペーパーボックスの箱や贈答用のお菓子などが入っているボール紙製の箱があります。

確かにボール紙は新聞紙と色合いが似ていますが、これは混ぜないで別に束ねるようにしましょう。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。