HOME >> 紙とダンボールについて >> 廃品回収に出すときには

廃品回収に出すときには

新聞紙と一緒にしないほうがよいボール紙製の箱というのは、案外いろいろに利用されているものです。

頂きもののお菓子や乾物などの贈答類やティッシュの箱などに加えて、トイレットペーパーの芯や靴の箱などもあります。

特にお中元やお歳暮の季節には必要なくなった外箱をもてあましているお宅も多いのではないでしょうか。

これらのボール紙製の箱類はどのようにして廃品回収に出せばよいのでしょうか。

まずは異物を取り除く必要があります。

贈答用のラッピングでは、発泡スチロールや布などがあしらわれて華やかに仕立てられているものも少なくありませんが、これらはすべて取り除きます。

他に金属やビニール、プラスティック、アルミといったものが一緒になっていることもありますのでこれらもきちんと取り外します。

こうしてから箱を切り開いて展開し、一枚の紙となるように平らにしてから同じボール紙製の廃品物と束ねて廃品回収や古紙回収に出すようにします。

形からしてまとめにくいこともありますが、やはり荷崩れしないようひもでしっかりと結わえておきましょう。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。