HOME >> 紙とダンボールについて >> 紙のリサイクルに必要なエネルギー

紙のリサイクルに必要なエネルギー

紙のリサイクルがなぜ重要か、といえば、第一に、近年世界規模で懸念されている、植物の保護に関する問題があります。

日本の割り箸を作るために容赦なく切り倒されてゆくアマゾンの森林について知って、驚いたという人も少なくありません。

地球上の木が減ってしまえば結果的に二酸化炭素が増え、地球環境の悪化を加速させてしまいます。

そこで、すでに手に入れてある資源、つまり一度紙として利用したものを廃棄してしまうのではなく、加工しなおしてもっと使うことができないか、というのが紙のリサイクルの基本です。

とはいえ、再生紙を作る段階で、製品の品質を上げて使いよいものを作ろうとすれば、その行程にある漂白や異物の除去のためにさらなるエネルギーが必要となる場合もあり、再生紙の生産が本当に地球環境保護に大きく貢献するのかと疑問視する声もあります。

高品質の再生紙を作る上での省エネルギーについては今後の課題と言えそうですし、不必要に再生紙に品質を求める消費者の意識改革も大切なことかも知れません。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。