HOME >> 紙とダンボールについて >> 再生紙のいろいろ

再生紙のいろいろ

一度使われた紙を回収して再度利用できる形にした再生紙にはどのようなものがあるのでしょうか。

すでに述べたように、再生紙で上質な紙を作ろうとすると、本来の目的が果たされなくなってしまう場合も多いため、基本的には特に白くなくてもかまわない、手触りや品質が低い状態でも使用できるトイレットペーパーやトイレットペーパーの芯、ダンボール、白板紙などに主に利用されています。

新聞や雑誌などで再生紙を使用している商品の場合は、よく見ると、再生紙を利用しています、という但し書きと共に古紙パルブの使用率が記されていたりもします。

一方で食品を入れる牛乳パックなどには再生紙を利用することはなく、バージンパルプと呼ばれる真新しいパルプが利用されます。

そのため牛乳パックはどこの自治体でも積極的に回収するように心がけています。

紙の繊維の質が高く、有効なリサイクルができる材料だからです。

牛乳やジュースの紙パックをリサイクルに出すには、中身を洗って切り開いて、と一手間かかるものですが、ここは惜しまずに協力していきたいところですね。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。