HOME >> 紙とダンボールについて >> いろいろなリサイクル

いろいろなリサイクル

紙やダンボールのリサイクルについてみてきましたが、それ以外の資源の回収にはどのようなものがあるのでしょうか。

すでに資源ゴミの定番となっているペットボトルは、全体の約2割が別の製品を作る材料となっています。

卵パックや食品トレイ、繊維などになっているものもあります。
ダンボールのように、再度同じ製品にして使うというのはペットボトルの場合、コストとエネルギーの面であまり効率のよいものではなく、現在実践している企業はないようです。

その他、ペットボトルを熱源としてエネルギー化したり、固形燃料に作り替えたりもされています。

リサイクル率がよいのは鉄で、日本のスチール缶のリサイクル率は88.7パーセントという高い水準を保っています。

これは世界最高の率だそうです。

日本社会では12億6000万トンの鋼鉄が循環していると言われています。

また大規模なリサイクルフローは持たないものの、古布もフェルトや車のクッション材などに再利用されています。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。