HOME >> 紙とダンボールについて >> 日本のリサイクルの流れ

日本のリサイクルの流れ

日本では紙に限らず様々な資源がリサイクルされているわけですが、リサイクルの方法には地域の名前のついたいくつかのタイプがあります。

沼津方式、大阪方式、平塚方式・日立方式、高知方式と呼ばれる4タイプです。

1975年に静岡県の沼津市で実施された沼津方式とは、市民参加によるゴミの分別、収集方式で、燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミに住民があらかじめ分けて出したものを自治体が収集するというものです。

これにより資源回収率も上がり、ゴミを回収した後の分別にかかる費用を減らすこともできます。

大阪方式は主に家電の回収に対して利用されているもので、家電リサイクル法ではなく廃棄物処理法に従って、リサイクル業者を利用する形をとり、家電メーカーに引き取って貰うより安い料金でリサイクルできるというものです。

違法投棄が多少なりとも減ることを期待した方式だと言われています。

民間企業が参入しているのは平塚、日立方式も同じで、これもやはりコストの面から採用されているようです。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。