HOME >> 紙とダンボールについて >> 海外へのダンボール持込は大変

海外へのダンボール持込は大変

海外にダンボールを持ち込むのは本当に大変なことらしく、ある国などは「ダンボールの外側に絵や文字があると入国が厳しくなる」という事もあるほどです。

日本国内だと「古いダンボール箱に荷物を入れて発送」ということが比較的多く行われていますが、海外に持ち込む際はなるべく無地のものを選んだ方が良いでしょう。

この様に、海外にダンボールを持ち込む時には「注意しなければならないこと」が多々ありますので、注意が必要です。

海外でも、アメリカとイギリスでは持ち込みできるものが異なりますし、時期によっては国側が「これは持ち込みNG」と指定してくる場合があります。

例えば、イギリスでは現在「食料品の持ち込み」が大変厳しくなってきており、肉や魚だけでなく「カップラーメン」「レトルト食品」「加工食品」などの持込が禁止されています。

禁止されている食料品を持ち込んでしまうと、取り上げられた上に自費で廃棄処理費用を支払わなくてはなりません。

旅行会社のツアーなどで国にいく場合は予め注意がありますが、個人でいく場合はこの辺りが落とし穴になりますので、自分できちんと調べておく必要があります。

注意しなければならないのは、「牛肉」が駄目な場合はスープのエキスに含まれる「牛肉エキス」もNGになってしまうと言うことです。

なかなか気づかないことですが、海外への商品持込はいろいろとデリケートなので、失敗しない様に気をつけて荷造りをしましょう。

海外のダンボール持込には、日本国内とはまったく別の厳しさがある、と言うことです。

とは言え、ダンボールが非常に重宝されていると言うのは、アメリカもイギリスも同じです。

使われ方に多少の違いはあっても、ダンボールが人々の生活に根付き、生活の手助けをしていることには何も変わりないのです。

ダンボールは人々の生活を支える大切なアイテムであり、多くの人に愛されるアイテムでもある・・・これは、日本でもイギリスでもアメリカでも、変わらないと言うことです。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。