HOME >> 紙とダンボールについて >> アメリカのリサイクル事情

アメリカのリサイクル事情

アメリカには州がたくさんありますので、国全体としてのリサイクルシステムについては「こうだ」と言い切ることは難しいですが、リサイクルに関しては色々な事情がある様です。

日本では「ゴミの分別」が非常に厳しくなっており、缶や瓶などもしっかり分別して出さなければなりません。

東京は特にゴミの分別に厳しく、分別をしっかりしていないゴミについては持っていってもらえないことも非常に多いです。

しかし、アメリカのとある州では「缶でも瓶でも同じゴミ袋に入れてどんどん出す」のだそうで、それを決まった場所に出して終わりなのだそうです。

「それじゃリサイクルはどうなるの?」と思われるかもしれませんが、実はこの後にきちんと人の手で分別がされ、燃えるゴミや燃えないゴミに分けられて処分されているのだそうです。

また、日本と同じでスーパーやショッピングモールには「リサイクル専用ボックス」があり、エコやリサイクルに熱心な人はそこにゴミを持ち込んで処分しています。

また、販売されるものには「リサイクル料金制度」と言うものが適用されているものもあり、それを拾って持っていくことでお金に換えることもできます。

この方法だと、ホームレスがゴミを拾ってお店に持ち込むことで収入を得ることができますよね。

日本とは若干異なりますが、アメリカにもきちんとしたリサイクルシステムがあり、きちんと活かされているのだということが解ります。

経済大国であるアメリカは、紙やペットボトルなどの消費量も半端ではなく、リサイクルできるものはリサイクルして使用しないとやっていけないと言う現状になりつつあります。

紙が必要と言っても、その原料となる木の成長が追いつかず、年々自然が減り続けていると言う話もあります。

必要なものを使うだけ使っていたら、あっという間に自然は枯渇してしまうはずです。

日本もそうですが、まずはアメリカや中国と言った経済大国が、リサイクルやエコの面で他の国のお手本にならなければならないのではないでしょうか。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。