HOME >> 紙とダンボールについて >> 回収した紙は何に姿を変える?

回収した紙は何に姿を変える?

リサイクルの世界で「優等生」と言われるダンボール。

ダンボールは、実にほぼ100パーセントが再生可能と言われていて、リサイクルの世界でも非常に高いリサイクル率を誇っています。

では、回収された紙は一体何に変わるのでしょうか。

紙のリサイクルは頻繁に叫ばれていますが、「古紙がどうリサイクルされるのか」「回収されたものがどう使われるのか」についてはあまり知られておらず、それがリサイクルに対する理解と行動を阻んでいるところもあります。

まず、回収されたダンボールは再びダンボールとなるか、筒状の紙にリサイクルされます。

そして、雑誌はお菓子の紙パックや絵本となり、一部がダンボールへと姿を変えています。

私たちが毎日読んでいる新聞紙は、再び新しい新聞紙として生まれ変わるか、週刊誌や印刷用の用紙として再生します。

飲んだ後の牛乳パックはトイレットペーパーやティッシュペーパーとなり、渡した地位の生活を助けてくれます。

この様に、回収された紙と言うのは「素材によって生まれ変わるものが異なる」のです。

注意したいのは、この回収物の中に異質なもの(粘着するものが付着した紙やカーボン紙など)が入っていると、リサイクルシステムにトラブルが起きる可能性が出てくると言うことです。

きちんとリサイクルすることができる様に、余計なものが混入してしまわない様に気をつけましょう。

余計なものが入ってしまうと、ゴミをきちんと出してもリサイクルされなくなってしまうかもしれません。

ペットボトルやプラスチックトレイ、アルミ缶などはスーパーでも回収を行っていますし、一部地域のマンションなどでは古紙や古本回収をしてくれる業者も居ます。

日ごろからこういった場所を利用してリサイクルに協力していきたいものですよね。

ちなみに、お店で使用し終わったダンボールはきちんと業者が回収し、リサイクルに回されています。

まずは小さなところからで構わないので、できるリサイクル活動をしていきたいものです。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。