HOME >> 紙とダンボールについて >> 紙を一まとめにしてはいけない?

紙を一まとめにしてはいけない?

燃えるゴミである紙などは、基本的に同じ紙同士で集めてしまえばリサイクルが出来ると勘違いしている人は多いのではないでしょうか?最近ではエコロジーのためにもこうしたリサイクルなどにもすごく注目が持たれていると思うのですが、それらをちゃんと理解していないと、間違えた分別の仕方をしてしまうのではないでしょうか。

分別を間違えていてはせっかく分けていても結局それがリサイクルに使われる事はありません。

同じ燃えるゴミだとしても、燃えるゴミだけで集めたからといってリサイクルが出来るわけではないことを知りましょう。

最近ではダンボールがまたダンボールに生まれ変わるというリサイクルも行われていますが、それはダンボールを分別する事が出来ている場合に限ります。

よく同じ紙から出来ているからといって、ダンボールも普通の紙も全て同じにしてしまう人が居るようですが、実際はそういった事では分別が出来ているとはいえないのです。

同じ紙で出来ているものでも、またその中から当たらしく分別をしていく事が大切だという事を覚えておくといいでしょう。

どうせ分別するのであれば、正しい分別の仕方を知っておくことで初めて意味があるというものです。

皆さんは正しい分別が出来ているでしょうか?同じ紙だからといって一まとめなどにはしていないでしょうか。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。