HOME >> 紙とダンボールについて >> 燃えるゴミの分別

燃えるゴミの分別

生ゴミであったり紙から出来ているもの、それらは基本的に燃えるゴミになると思うのですが、その燃えるゴミのくくりというのは結構大きいものになるでしょう。

実はその燃えるゴミも、ひとくくりにせず、しっかりと分別していくと色々と分けられるという事をご存知でしたか?もし皆さんが「どうせ皆燃やせば同じ」と思っているのでしたら、それは間違いです。

皆さんが普段燃えるゴミだと思ってぽいぽい捨ててしまっている紙などは、リサイクルに使えるかもしれませんからしっかり分別をしておくことをお勧めします。

何かしらが印刷されたプリント用紙、他にも紙から出来たダンボールなども含めて、そういった燃えるゴミの分別は上手くしていく事が重要です。

ダンボールなどは分別しているけど、わざわざプリント用紙などまで分別するの?と思う人も居るかもしれませんが、そういったものも細かく分別していく事で、尚更無駄がなくなるというものなのではないでしょうか?

どうせ燃えるのだから、それで無駄になっていった資源たちはどれくらいあるでしょうか。

リサイクルに利用できるはずだったのに、無駄になってしまった。

そんな事にならないためにも、ぜひ一人でも多くの人がしっかりとした分別に目を向けていって欲しいと思います。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。