HOME >> 紙とダンボールについて >> ダンボールのまとめ方

ダンボールのまとめ方

よく廃品回収などでダンボールをまとめるという事があると思うのですが、それらをまとめる時に何かしらのコツがあるのでしょうか?

そこをよく考えてみると、ダンボールをまとめて縛ったりする際に失敗などをしなくて済むでしょう。

案外ダンボールをまとめるというのは難しいという点も多くありますから、それらを上手く出来ないと後々運ぶときなどに不便を感じることになるでしょう。

ですからまずは、まとめたは良いけれど運ぶ際にバラけてしまったりしないようにしていく事が大事なのではないでしょうか。

そのバラけないコツというのは第一に、縛るダンボールのサイズを揃えておく必要があるのではないでしょうか。

紐などで縛る場合には、サイズがあまりにバラけてしまっているとまとめにくくなってしまいますので、まずは同じようなサイズのものから重ねていき、最終的には紐で縛ることをお勧めします。

また、これはダンボールを縛らないでも済む方法になるのですが、大きめのダンボールなんかは畳まないで、その組み立てた状態のままの物に畳んだダンボールたちを入れていくというものです。

小さい物何かはこうしてまとめて入れていくと、運びやすくなるでしょう。

廃品回収の方法などにもよるとは思いますが、どんな方法を利用するにしても、運ぶときに不便の無いように配慮しましょう。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。