HOME >> 紙とダンボールについて >> 紙の使用量

紙の使用量

近頃の紙の使用量というのはどういったレベルの物になってきているのでしょうか?

昔であれば何かと紙の需要は高かったと思いますし、今でもそれは変わらないとは思いますが、多くのところで紙を利用する事を減らそうとしている動きがあると思います。

それらを考えていくと、一言にただ需要が高まっているとはいえませんし、昔であればメモなどはメモ帳、紙にしていたはずの物が、携帯などの端末でデジタルなメモをする事が可能になってきて、人はそういった紙も持ち歩くことが少なくなっていると思いますし、パソコンなどが日常で使われる今、レポートも何も紙に書くのではなくデータとして取り扱われることが増えてきているくらいです。

紙があまり利用されなくなるという事は、それらの資源を無駄に使わなくて済むという点では確かに今後役立つかもしれませんが、現状使われている物はそれはそれできちんとリサイクルに出せているかという事も気にかけなければなりません。

利用された紙などが、ダンボールなどに生まれ変わり、そしてそのダンボールは再び同じダンボールとしてリサイクルされる事になると思います。

紙の使用量などが変わってきているとしても、リサイクルに繋がる資源が変わるわけではありません。

ですから、皆さんは少しでも身近な所から、リサイクルというものに目を向けてみて下さい。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。