HOME >> 紙とダンボールについて >> ただの紙からダンボールへ

ただの紙からダンボールへ

コピー用紙やチラシ、新聞紙など様々な紙が皆さんの身近にはあると思うのですが、それらは利用するのは簡単ですし手に入れる事も簡単でしょう。

だからと言って資源が無限にあるわけではないこの世界では、そのちょっとした利用をするための紙でも本来であれば貴重なものなはずなのです。

木々が減ってきている現代、エコだリサイクルだ地球温暖化だと、様々な事に目が向けられていると思います。

出来るだけ様々な資源を減らさないように、そしてゴミを増やさないようにと動いているのです。

そんな中、使われなくなった紙などは不必要だからと言ってゴミに出され燃やされるばかりではなく、それを利用してリサイクルされる所に目を向けられるようになったと思います。

リサイクルされた結果は、古紙やダンボールなどに生まれ変わることが多かったりもするのですが、それらダンボールに生まれ変わったとしても結局はそのダンボールを利用すればゴミになってしまうのではないかと思う人も居る事でしょう。

ですがココで大きな工夫が、今人はダンボールからダンボールを作るというリサイクルをする事が出来るのです。

つまりは不要になればまた新しい形で生み出す事が出来るということですよね。

これは大きな資源利用の削減になると思います。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。