HOME >> 紙とダンボールについて >> 古紙に生まれ変わる

古紙に生まれ変わる

紙というのは日常的に使うものでもあり、自分が何かメモったりするわけでは無くとも、本を読んだり雑誌を買ったりしてしまえばそれは紙を利用している事になるでしょう。

雑誌などは主にまとめて捨てる事が出来ますし、廃品回収に出す事でリサイクルへと繋がることになったりしますから、資源利用の削減としては上手く利用できるところかもしれません。

廃品回収などに頼めば、ダンボールやそういった雑誌類はしっかりと運んでくれます。

よく日常的に溜まったダンボールや雑誌類は紐でくくってまとめていたりしますよね?

それらはこうした回収に任せるために準備をしているのではないでしょうか。

ですがここで注目して欲しいのは、ダンボールや雑誌といった、ある程度厚みのありまとまっている物ではなく、一枚一枚の紙についてです。

それらは日常的に使われたりする事があったとしても、ゴミとなってしまえばただゴミ袋にまとめて入れられるばかりになってしまうのではないでしょうか?他の生ゴミ何かと一緒に燃えるゴミとしてぽいと捨てられてしまう事もあるでしょう。

ですがちゃんとまとめて捨てる事が出来れば、ちゃんとリサイクルに出す事が出来れば、それは古紙として生まれ変わる事が出来ます。

一度は日常的に使っている紙についても考えてみましょう。

紙とダンボールのリサイクルへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。